【「日韓仏教交流について」曹洞宗雲祥寺住職 一戸彰晃氏 センタージャーナル95号】を読んで

戦時中、日本仏教の多くの宗旨・宗派は戦争協力をしてきました。浄土真宗大谷派も同様に様々な1戦争協力をしてきました。
この当時の仏教において戦争協力をしただけでなく、植民地化した地域に布教所を作ったり、寺院を無理やり自宗派内に所属させたりと政治や文化だけでなく宗教までもがその植民地化した国や民に深い影響を与えたということを改めて知りました。

 

その戦争協力の反省から戦後50年には各宗派において声明がなされ、真宗大谷派でも戦後50年の「不戦決議」が発表されました。またこの決議を踏まえ戦後70年となった昨年に「非戦決議2015」が宗会(最高議決機関)において「不戦決議」と同様に採決され発表されました。
この懺悔はただ宗会が発したもので終わらせるのではなく、戦争を知らない私たちが戦争の事実を深く受け止め、忘れることなくこの「誓いと決議」を守り続けていかなくてはならない。

そして当時の教団が戦争へと加担していく中、僧侶として反戦を訴えた※2高木顕明師1竹中彰元師の存在も忘れることなく後世に語り継いでいかなくてはなりません。

一戸氏の文に(センタージャーナル95号より5面より一部抜粋)

《なぜ宗教が必要か》
懺悔するということは非常に難しいことです。「懺悔したら自分が終わってしまう」と思う。懺悔するということは、謝るということです。しかし人間が人間に対して謝ることはできないのです。そこで必要なのが宗教なのです…
私は、妻と喧嘩しても一度も謝ったことがない。色々な理屈をつけて自分を正当化する。その繰り返しです。でも、謝らなければ人間の命は深まらない。
キリスト教でも、イスラム教でも、仏教でも、宗教は懺悔からスタートします。宗教的な絶対者の前に謝ることはできるのです。目の前の人間に「ごめんなさい」と謝ることはできません。もし口に出して言ったとしても、腹の中では別のことを考えている。でも絶対者の前だからこそ謝れる。だから宗教なのです。私はそういう意味で、宗教の素晴らしさというのを感じています。日韓関係も、お釈迦様という絶対的な存在を通じた交流が求められていると思います。


とあるように私たちは人に対して懺悔・謝罪をしているつもりであるが本当に謝罪しきれない存在であります。
昨年末に日韓が協議し「慰安婦」問題について合意に至り共同記者会見を行いましたが、両国お互いの立場や主張・思惑があるため慰安婦問題や強制労働の問題などまだまだ完全には解決されていません。
一戸氏の言われるように国家・国民の枠を超え、宗教を通じた懺悔を通し両国の交流が戦後70年を過ぎた今だからこそ必要になるのではないだろうかと考えさせられました。(広報部門 久田)


95号.jpg               92号.jpg

※ 全文は「お東ネット」センタージャーナル掲載ページ内94号5面に載っおります。
   PDFまたは印刷してお読みください。
※1 真宗大谷派の戦争協力の一端と
竹中彰元師の記事が92号6-7面『第26回平和展を終えて 学ぶ場としての「平和展」 著 新野和暢氏』に載っております。
※2 高木顕明師については本山ホームページ内「非戦・平和展」に載っております。

  是非こちらも併せてお読みください。
| 現代社会と真宗教化 | comments(0) | trackbacks(0) |
「「死」が見えづらい世の中でー葬儀から問われる人間の相―」( 同朋新聞12月号)を読んで。
「別院奉仕研修」や、門徒宅でのご法事などで、近年よく話題になることがあります。それは「葬儀が変わってきた」ということ。
マスコミ発の情報では、近年、都市部を中心に、以前では考えられないような葬儀の簡素化・変質が起こってきていると言われます。
 
本山発行の『同朋新聞』12月号に、葬儀をテーマとした記事が載りました。以下は抜粋です。
 

《葬儀が消えつつある》…教勢調査では、ここ十年来の葬儀の執行回数の増減について、「増えた」と答えた寺院が6.6%であったのに対し、「減った」と答えた寺院が36.9%という結果が出されました。その理由として「門徒の減少」などが挙げられていますが、「葬儀自体の不執行」(直葬)の増加も一つの要因であることが報告されています。…葬儀が消えつつあるこの現状の背景には、一人ひとりが「死」を身近に感じることが少なくなってきたことが一つの要因としてあるようです。…
 
《共同体の崩壊》…共同体の崩壊は、経済発展、経済優先の中で進んできたといってもいいでしょう。お金でなんでも解決できる社会の流れの中で、煩わしい・都合の悪いことは専門家に委ね、自分が関わることがなくなってきました。特に「老病死」を嫌い、その問題に向き合おうとしない態度を生み出してしまったのです。
 
《マニュアル化の中で》…高齢化が進む現代社会の中で、自分のことを整理し、死後の不安を少しでも解消することや、子どもや孫に迷惑をかけたくないという思いで「終活」を行うことは大切なことです。…小沢牧子さんは、この現状に対して「死の商品化は今にはじまったことではありませんが、老いと臨終と死がパッケージされた効率的商品「終活」は、人の関係のさらなる貧困化が行き着いた先を露骨に示しています。個人用に作られたエンディングノートは、その象徴のひとつです。本来、人の死は、人をつなぐものです」と警鐘を鳴らしています。…
 
《生死を並有するもの》…「死も亦我等なり」ということについて、故・二階堂行邦さんは、「「死もまたわれらなり」という眼を開くにはどうするか。自分にとってかけがえのない大切な人の死を看取り見送るという悲痛な体験が、その眼を開く契機となる期があります。治る見込みのない病を看取るほど自分の無力を感ぜしめられることはない。…自力の計らいの無効なることがいのちの本質なのでありましょう。そのことを大切な人が教えてくれるのではないでしょうか」と話されています。…
 
《葬儀から問われる人間の相》普段私たちはなかなか「自分とは何か」「生きるとは何か」といった人間の根源的課題に目を向けることができません。しかし、私たちは本当に自分の力ではどうにもならないことをとおして、人間存在が問われてくるということがあります。「死」や「葬儀」はまさにその大切なご縁です。…
 
巷で多用される「共に生きる」という動作のうちには、死者たちをも招き入れることが含まれてくるはず…。
「共に生きる」ことが大切なキーワードとされている時代にも関わらず、葬儀の意味が伝わっていないとしたら、大変な矛盾ではありませんか。
 
以前より、核家族化に伴う共同体の崩壊の問題は指摘されてきました。葬儀についての意識の変容についても、その文脈で語られることが多いと感じます。
それももっともですが、もっと卑近な原因もあると思うのです。それは、お坊さんの側があまり触れたがらない金銭面。
 
葬儀は直接の対象になりませんが、先日、ネット通販最大手のアマゾンが、自宅・お墓などに出向き、法事法要(読経・法話)を行うサービスを販売し始めました。もちろん料金は明示されています。
以前からこのようなサービスを行う会社はありましたが、アマゾンが扱い始めたということで、一部マスコミでも報道されました。
そういえば以前、「イオン葬儀」スタートにあたり、お布施を定額で設定したことに対して、仏教界からの反発が起きたことも記憶に新しいですね。
 
定額ということについて、初めてインドに行った時の体験を思い出しました。日本では100円のコーラが露店で50円で買えて喜んだのもつかの間、同じ露天商が現地の人には20円程度の値で売ったのです。当然のようにクレームを入れたのですが、「お前は喜んでいたじゃないか」「お金は持っているんだろう?」の一点張り。
その時になぜか合点したのです。それはつまり、商品の価格は購入者が納得して払った時点で確定するということなんだな、と。最初から定められている価格とは、一つの目安にすぎないのだ、と。
 
お布施の額が問題になるということは、とりもなおさず、それに見合うものを受け取っていないという、布施者のサインでしょう。
もちろん、商品の価格とお布施とを、同列で論じるべきではありません。
しかし、「戒名代として幾ら要求された」「葬儀代として幾らを提示された」という話が、お寺と葬儀に関わる問題点として伝わってくるという事実があります。
その辺りのことを語り合うことなしに、葬儀の変容にいては語れない気がし始めました。どうでしょう?(広報部門 生田亮)
 
真宗大谷派の発行している『同朋新聞』はパソコン・スマートフォン・タブレットでも読むことができます。詳しくは
東本願寺電子ブックまで。
| 現代社会と真宗教化 | comments(0) | trackbacks(0) |
【「児童虐待・DV環境から、安心安全の生活を」 真言宗僧侶 今城良 瑞氏/センタージャーナル89号】を読んで。
DVを受けている母親から虐待されながら育ち
学校でいじめを受けている兄からの暴力、リストカット、PTSD……。
言葉にすることをはばかられるような生い立ち。
 
PTSDを克服し
「虐待やDV、いじめ、レイプなど、トラウマ となる経験をした二万人以上の人が
「辛い」「苦しい」「死にたい 」「消えたい」という想い」を書き込んだ
「言えない心の傷」というmixiのコミュニティーを立ち上げた「のりを」さん。
 
フェイスブックなどで話題になっていた「子どもを殴る蹴るする 母親の動画」
それに対し「自分 も虐待してしまうかもしれないと恐れるコメント」。
 
子どもに腹を立ててしまう時、何を子どもに求めているのか。何が私を怒りで満たすのか。
 
虐待は、特別なことでなく、どこの家庭でも起こりうる――。
 
どこか他人事だったのだけど、
今になって自分と社会を包む深い闇がとても恐ろしい。

ぜひ読んでみてください。
※「お東ネット」センタージャーナル掲載ページへのリンクとともに、本文も載せています。
HP委員(り)

センタージャーナル89号表紙
センタージャーナル紹介ページ ※89号の6-8面に掲載されています。


ブログ内検索用タグ ※当ブログにはタグ機能が無いため、左上の検索をご使用ください。
・センタージャーナル ・現代社会と真宗教化 ・いのちに向き合う宗教者の会 ・虐待

****************************
「児童虐待・DV環境から、安全安心の生活を」
真言宗僧侶/いのちに向き合う宗教者の会 会員/一般社団法人メッター理事長 今城 良瑞 氏

教化センターが後援する「いのちに向き合う宗教者の会」(宗教・宗派を超えた有志僧侶で自死遺族の支援を行っている会)の会員は、それぞれに現代社会の問題と向き合い活動している。
なかでも、今城良瑞氏は、虐待やDV(ドメスティックバイオレンス)の被害者の救援・支援活動を続けている。そして、子どもたちを少しでも早い段階で救済し、安全な場所で安心して生活できる場を確保する必要があると考え、「一般社団法人メッター」を立ち上げて、虐待などで親と生活できない子どもたちを養育する「ファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業)」の設立を目指している。
今回、今城氏を取材し、同氏の活動の原点ともいえる一人の青年との出あいについてお話いただいた。

「言えない心の傷」
二〇〇六年八月、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「mixi(ミクシィ)」に、「言えない心の傷」というコミュニティが立ち上がりました。
虐待やDV、いじめ、レイプなど、トラウマとなる経験をした二万人以上の人が「辛い」「苦しい」「死にたい」「消えたい」という想いを書き込んでいます。また、リストカット、薬物の過剰摂取(オーバードーズ)、過食症や拒食症といった摂食障害の人も少なくありません。セックスに依存している人もいます。
そういった人たちの書き込みに対し、ひとつひとつ返信していくのがコミュニティを運営する管理人の役割です。
このコミュニティを立ち上げたのは、「のりを」(ハンドルネーム)という十八歳の青年でした。彼の存在を知った時には「わずか十八歳の青年が、他人の為になんと努力しているのだろうか!」と驚きと感動を覚えました。「のりを」はたった一人で、「辛い」「苦しい」という書き込みに対して、とても丁寧に返信をしていたからです。

「のりを」の生い立ち
「のりを」は、父と母、三人兄弟の三男として生まれました。物心ついた頃にはすでに虐待を受けていたそうです。家の中では、お酒を呑んだ父親が母親に暴力を振るい、そして母親が子どもたちに暴力を振るうという構図ができあがっていました。少しでも母の機嫌を損ねると何時間も正座させられ、怒鳴られ、殴られ続けました。母はアイロンを片手に、子どもたちに対して「言うことを聞かなかったら、お前らを焼くぞ」と脅し、実際に焼かれることもありました。しかし母は、父の前では何もしませんでした。父の暴力に怯えていたからです。
「のりを」が幼稚園の時、長男が腎臓の病気になり大手術をしました。背中からお腹にかけて、大きな手術跡が残る大手術でした。プールの授業の際、手術跡を同級生に見られたのがきっかけで、長男は学校でいじめにあいました。
さらに、長男に続いて次男もいじめにあいました。理由は、いじめられている長男の弟だから…。こんなことでもいじめは始まるのです。家では、両親は相変わらず不仲で、争いが絶えませんでした。兄弟は震えながら押入れに隠れる毎日でした。
「のりを」が小学三年生になった頃には、三人の兄弟は著しく性格が変化していました。長男は極端に無口になり、次男は学校では無理して笑い、家ではあまり話さなくなりました。「のりを」は学校では明るく振舞い、家では無口でした。そしていつも「死にたい」と考えるようになっていました。
そして「のりを」は、大人は誰も信用できなくなっていました。両親の不仲、酒乱の父、理不尽に子どもを殴る母、兄弟が学校で受けるいじめ、それを見て見ぬふりをする教師。すべてに絶望した「のりを」は、刺身包丁を腹に突き刺して自殺しようとしましたが、次男がそれを止めました。「のりを」はずっと泣き続けました。
長男は中学生になっていましたが、いじめはエスカレートしていたようです。溜まりに溜まった長男は、家庭内で暴力を振るうようになりました。
ある日のこと、長男が学校から帰るなり「のりを」を殴り始めました。いつまで続くのか分からない兄の暴力…。「のりを」の骨は折れていました。長男は学校でのいじめのストレスを、そのまま彼にぶつけたのでした。その日から、「のりを」は毎日のように長男からの暴力を受けました。リモコンで殴られる日もあれば、棒で殴られる日もある。紐で首を絞められ、ご飯が食べられないほど口の中が切れることもありました。骨は折れ、歯は欠け、ボロボロになる毎日でした。
「のりを」は、幼い頃から空手を習っていて、中学生になると「のりを」の方が長男よりも体力的に強くなりました。当時、彼は両親と長男を殺すのだと決めていたそうです。
ある日、長男と喧嘩になった「のりを」は、近くにあったスパナで長男の頭を殴りつけました。割れた頭から大量の血を流して倒れる長男を見て、「のりを」は笑ったそうです。「これでやっと一人死んだ。あと二人…」
実際には、長男の傷はたいしたことはなかったのですが、両親は「のりを」を激しく叱りました。両親に殴られながら「今まで、散々ボクを殴りつけてきたのはお前らじゃないか!」と心の中で叫びました。

殺したい、愛されたい
その日の夜からリストカットが始まりました。毎日リストカットすることで、自分の中に溜め込んでいるものを解放していました。自殺したい願望とリストカットの傷跡を持ったまま「のりを」は高校に進学しました。「のりを」は当時を振り返り、心は氷のように冷たく、自分が自分でないようだったと言います。
自殺未遂もありました。もう本当に限界だったある日、「のりを」は酷い頭痛に見舞われて倒れ、救急車で病院に運ばれました。検査を受けましたが原因はわからず、最終的に精神科で受診することになりました。
「のりを」は、医師にすべてを正直に話しました。涙が溢れ出てきて、負の感情が全てを包み込むようだったそうです。
「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」、これが「のりを」に与えられた病名でした。「のりを」の心は、とうの昔に壊れていたのです。
感情を取り戻すのが最初の目標でした。しかしこれまで感情を無くすことで自分を守ってきたのですから、生きるための最後の砦を壊すのは本当に辛く苦しい作業です。懸命に自分の心と向き合いました。フラッシュバックに苦しみ、リストカットもどんどん酷くなっていく中で、「のりを」は本やインターネットでPTSDについて徹底的に調べました。
そして、あるサイトにたどり着きました。そこには「自分の事を許してあげて欲しい」「泣いても良いんだよ。苦しかったら苦しいって言っても良いんだよ。悲しかったら悲しいって言っても良いんだよ。辛かったら辛いって言っても良いんだよ」と書かれていました。
「のりを」は号泣しました。感情がなかった「のりを」の心が揺さぶられた瞬間でした。「のりを」は、親を殺したいくらいに憎んでいる反面、親から愛されたいとも思っていました。この矛盾する二つの想いに苦しみ続けました。

心が溶け出した
大学1回生の夏の夕暮れ、空が紫色に染まっていく中、ある風景がふと目に留まりました。
それは、父親と母親の間で小さな男の子が手を繋いで歩いている姿でした。母親の手には買い物袋、とても幸せそうな後ろ姿でした。「のりを」は足を止めてその姿に見入っていました。ありふれた普通の家族。でも、夕日を正面にして歩くその姿が、とても綺麗だったそうです。その家族が見えなくなるまで、「のりを」はずっと眺めていました。
目から涙が溢れました。羨ましかったのかもしれません。自分もああいう家族になりたかったのかもしれません。本人にも何故なのかは分からない。ただ、「のりを」の心の傷を優しく包んでくれたような気がしたそうです。凍りついた「のりを」の心が少しずつ溶け出していたのでしょう。
その日の夜、「のりを」は心がいつもよりも軽くなったような気がしたそうです。涙が何かを流してくれたのかもしれません。そして、急に「のりを」の視野が広くなりました。
痛みを知る事で優しくなる事が出来る。心の痛みという見えない闇を、僕は感じる事が出来る。なぜなら、僕自身が通ってきた道だから。まだ通っている途中だけど、どうやってここまで乗り越えてきたのかは知っている。
今、世の中には、誰にも言えず深い傷を負ったまま生きている人がいる。誰にも悟られないように傷を隠して生きている人がいる。居場所も無く、ただ苦しみながら生きている人がいる。涙さえ流せないほどの絶望の中で生きている人がいる。今までの自分がそうであったように…。そんな人たちの居場所が必要だと、「のりを」は考えたのです。
逃げても良い、生きてさえいれば。生きていればきっと傷は癒える。生きる事から逃げなければ、きっと大丈夫なんだ。それは、半ば願いにも近い気持ちでした。

そして…ミクシィへ
「のりを」は「mixi」に「言えない心の傷」というコミュニティを立ち上げました。自分自身の症状が悪くなり苦しみながらも、コミュニティ参加者に温かい言葉をかけ続けました。
PTSDの症状も快方に向かいました。そんなある時、「のりを」は自分の部屋にいて「退屈だな」と思いました。そして「退屈だな」と思えることがとても幸せに感じて、一人涙を流したそうです。
大学4回生の春、遂に「のりを」はPTSDを克服し、自分自身の心を回復させることができたのです。本当に嬉しい出来事でした。
現在、「のりを」はコミュニティの管理を続けながら自分の人生を歩んでいます。私はコミュニティからは離れていますが、彼とは連絡を取り続けています。

利他を以て先とす
私の活動の原点は「菩薩の用心は皆 慈悲を以て本(もとい)とし 利他を以て先とす【菩薩の心は、すべて慈悲をもって基本とし、まず人のために考える】」(秘蔵宝論)という真言宗の教えにありますが、虐待などの青少年問題を活動の中心におき、それが続いているのは「のりを」との出会いによるものだと私は考えています。
「死にたい」「消えたい」と口にする人は、実際には「死にたい」のではなく「消えたい」のではなく、「辛い想いをどうにかしたい」と考えていて、それを端的に「死にたい」「消えたい」と表現しています。「生」と「死」を考えるというのは、僧侶にとって根本的な問題ですので、何処に行っても、どんな活動になっても離れられない問題だと考えています。
現在、一般社団法人メッターにおいて、ファミリーホームの開所を目指していますが、実現すれば、入所者が十八歳になるまで深く関わっていくことになります。人と深く関わるということは、決して簡単なことではありません。苦しいことが多くあるでしょう。それでも、ファミリーホームを始めたいと考えています。
それは、自分が虐待を受けてきた人たちと多く接してきた経験から導かれたものであり、子どもたちのためということもあるでしょうが、それ以上に自分のため、自分の考える仏教者としての姿を完成させるために必要なことだと思っています。
団体名である「メッター」はパーリ語で「慈悲」を意味します。慈悲というのは、自分が他者に何かを施す上で、自分と他者との間に自我が介在しない状態であると私は考えます。あいつは助けるが、こいつは助けてやらないというのは、慈悲ではありません。「生」「死」の問題だけでなく、私の「自我」の問題にもこの活動は関わってきます。
私の活動は、他者がどうであるか、社会がどうであるか、という問題に触れながら、結局は仏教者として自分自身の問題、課題に向き合っているのだと思います。 (文責編集部)

現代をどういう時代として見るのかは、この時代をどう生きるのかということでしょう。
見るということは、時代の在り様を人の上に見て人の在り様を吾がこととして感じとること、
人々と共に生きようとすることでなければなりません。
『悲しみに身を添わせて』(祖父江 文宏著) 同朋選書

今城氏のお話を聞き、私は祖父江文宏氏の言葉を思い出しました。現代という時代が抱えるさまざまな問題から、「あなたは何を信じ、何を心の中心にして生きるのか」と問われているのだと思います。(研究員 前田 健雄)
| 現代社会と真宗教化 | comments(0) | trackbacks(0) |